ニキビを改善する化粧品の選び方

ニキビ化粧品とは

ニキビ化粧品とは、ニキビ対策のための化粧品、またはニキビを刺激せずニキビへの悪影響が少ない化粧品をいいます。

ニキビには若い頃にできるものと年齢がいってからできるものとがあります。
若い頃にできるニキビは自然に消えてしまうことが多いのですが、大人ニキビは放っておくと、完治が遅くなるばかりかニキビ跡となってしまいます。それを予防するには、早く治してしまうのが一番。

大人ニキビの予防・改善にはいろいろありますが、対策として化粧品を使用する人も多いことでしょう。
では、ニキビ化粧品には、どのようなものがあるのでしょうか。

ニキビ化粧品のほとんどは低刺激タイプ。
肌に刺激を伴いやすいアルコールや香料、着色料などの成分が最小限に抑えられています。
また、ニキビ用化粧品には、自然派化粧品、天然化粧品、無添加化粧品などが多いようです。

一方、ニキビ化粧品の中には、医薬部外品とか薬用化粧品と書かれた薬用タイプの化粧品があります。
これは、一般の化粧品に比べてニキビに対する効能がはっきりしている化粧品ですが、医薬品のように治すといった積極的なものではなく、大人ニキビが和らぐといった緩和的な化粧品です。

いずれにしても肌に合わないようであれば、すぐに使用を中止し、他の化粧品を探すようにしましょう。

ニキビ化粧品の選び方

ニキビ化粧品とは、ニキビ対策用の化粧品のこと。

大人ニキビが出来ている肌というのは弱っており、とても刺激を受けやすい状態です。
そのため、化粧品を選ぶ際にも注意が必要です。

では、ニキビ化粧品を選ぶときには、具体的にどのような点に注意すればいいのでしょうか。

まずは、クレンジング。これはウォッシュタイプのものを選ぶこと。
拭き取りタイプのものは、油の成分を多く含んでいるので不適当です。

次に化粧水。これは保湿効果のあるものを選びます。
ただし、炎症を起こしているニキビには、アルコールの入ったアストリンゼントローションのようなものは避けたほうがいいでしょう。

そして乳液・クリーム・パック。
これらはニキビの症状により使用しないほうがいい場合もあるので、専門医に相談を。マッサージクリームは原則として使用しないこと。

ファンデーションは、落ちにくいタイプ、化粧くずれしにくいタイプのものは避け、油成分の少ないものを使用します。ダブルファンデーション(リキッド + パウダー)は、毛穴をふさいでしまうので、絶対に避けなければなりません。

以上、ニキビ化粧品を選ぶ際に共通して言えることは、低刺激のものを選ぶことです。
しかし、低刺激タイプであっても、人によっては肌に合わない成分が含まれているケースもあるため、自分の肌にあった化粧品を選ぶことが大事です。購入前に試供品やトライアルセットなどで試してみることをオススメします。パッチテストなどを行うのもいいでしょう。

脱毛の人気ランキング
満足度が高く、口コミでも評判の脱毛エステを総合的に評価してランキング形式で紹介しています。